2013年3月8日金曜日

カルシウムと結石

カルシウムと結石 Q カルシウムを取り過ぎると結石や胆石になるのですか? A いいえ、逆にカルシウム不足のほうが 結石や胆石ができやすいことが最近わかりました。 胆石や結石に関してですが、カルシウムを摂取し続けると結石や胆石が作られるとする 意見もありましたが、それは昔の話しです。現在は否定されております。 カルシウムに関して出版している書籍等では、逆にカルシウム不足が胆石や結石を引き 起こす原因になるという事です。 アメリカ最高の医学雑誌「ニュー、イングランド、ジャーナル、オブ、メディシン」に、結石の できた人のカルシウムのとり方をくわしく調べた研究が発表されて、カルシウムのとり方 が少ない人のほうが結石ができやすいという結果が報告されております。 それと、結石や胆石の石は、骨から溶け出したカルシウムから出来ているのです。 骨からカルシウムが溶け出す原因は、食べ物から摂取するカルシウムの量が不足する とおこります。 血液中のカルシウム濃度は、年齢を問わずほぼ一定に保たれるようになっております。 食べ物からのカルシウムが不足すると、血液中のカルシウム濃度が低下して、副甲状 腺ホルモンが分泌され、骨のカルシウムを溶かしだして、血液の濃度を調整する働きを します。骨のカルシウムは過剰に溶け出すという傾向がありますので血中にあふれた カルシウムは血管や各種の細胞に入り込みます。 カルシウムが不足が続くと、副甲状腺ホルモンがどんどん作られて、骨からカルシウム が溶け出し、結石の成分となります。 カルシウムを多くとると、骨からカルシウムが溶け出す事がありませんので、結石を防ぐ ことになります。 たまに、「カルシウムを取り過ぎるとよくない」という人がいます。こういうことを言う人は、 日本人のカルシウムのとり方がどれだけ足りないか、その深刻さを知らないというこです。 実際に日本人のカルシウム欠乏の程度は本当に恐ろしいほどで、1日500~600mg とっていたらいいほうです。アメリカでは1日1000mg以下の人は10人に1人か2人です。 発育盛りの若者や女性では、1日1500mgまたは、それ以上とるとこが、必要です。 アメリカ人は日本人の3倍以上のカルシウムをとっていますので、心配することはありません。 もし、必要以上にカルシウムをとっていたら?カルシウムは他の栄養素とは違い、どんな にとっても問題ありません。からだの中には、骨というほとんど無限の貯蔵庫があります。 カルシウムを必要以上にとったら、骨に蓄えて骨を強くするだけで、何も心配ありません。 その上、腸のほうで、余分なカルシウムは吸収しませんので、取り過ぎの心配はありません。 カルシウムが十分とれているかどうか知るには、骨密度を調べるとわかります。 http://www.gincha.com/gin/0.html

0 件のコメント:

コメントを投稿