2013年3月8日金曜日

カルシウムが 不足するとどうなるの? 

カルシウムが 不足するとどうなるの?  今日はカルシウムの話です。 カルシウムが不足すると何が起こるのか もしも、からだのカルシウムが不足すると、骨や歯が弱くなって骨粗鬆症に かかったり、骨折しやすくなるばかりでなく、高血圧、痛風、糖尿病、動脈硬 化、ガン、心臓疾患、脳卒中など、すべての成人病の引き金になります。 とはいえ、タンパク質やビタミンが不足すると、からだにいろいろな障害がお きるのは分かるとしても、カルシウム不足がすべての成人病の引き金になる ということは、なかなか理解しにくいことです。 しかし、近年の研究をふまえてカルシウムの働きを細胞レベルにまで踏み込 んで調べていくと、「なるほど!」と納得できる決定的な役割が、カルシウム には課せられているのです。 たとえば、目でモノが見えるのは、カルシウムのお陰なのです。目に光が飛び 込んでくると、網膜の細胞にカルシウムが入ってきて電流がおこり、おきた電 流は視神経をつたわって脳に達します。この脳が働くときも、カルシウムが出 入りすることによって電流の発生、消滅がおきているのです。このことから、 カルシウムが不足すると、視力や神経や脳の働きに影響のあらわれることが 判ります。 特に解りやすいカルシウム不足の諸症状 お父さん しつこい肩凝り、高血圧(動脈硬化) お母さん ご婦人方に多い骨粗鬆症、軟骨劣化による腰、膝の痛み、 ノイローゼや不眠症 子供さん アレルギー体質や暴言、イライラ (スナック菓子、加工食品の食べ過ぎ) http://www.gincha.com/gin/0.html

0 件のコメント:

コメントを投稿