2013年3月8日金曜日

カルシウムが不足するとこんな病気になりやすい!

カルシウムが不足するとこんな病気になりやすい! カルシウムは、脳神経細胞の異常な興奮を鎮めます。イライラ、不安、 ノイローゼや不眠症、体力の回復にもカルシウムは大変必要なミネラ ルです。 食生活の欧米化により、年々糖尿病、高血圧、心臓病、肝臓病等の 成人病が増加しています。成人病を防ぐには、まずカルシウムの補給 による体質改善を考えましょう。 カルシウムが不足すると、一度かかった病気はなかなか治らず長引き ます。ゼンソク、蓄膿症や痔などの慢性病には、カルシウムの補給に よる内面からの体質改善が第一です。 カルシウム不足で体質が酸性化すると、歯と骨の中のカルシウムが溶 かされ、逆に組織中に沈着します。骨折や虫歯、動脈硬化の防止には カルシウムを充分補給することが大切です。 カルシウムが不足すると、刺激に対して体が過敏になり皮膚の抵抗力 が弱ります。湿疹、皮膚炎、じんま疹、水虫などの治療にはカルシウム が欠かせません。 筋肉の縮小にはカルシウムが重要な役目を果たします。神経痛、リウ マチの治療や発育ざかりのお子様には、カルシウムの補給が大切で す。 カルシウムが不足すると、妊娠、胎児の成長、安産か否か、授乳、産 後の体力回復に影響がでる。 老人ボケになった人の脳神経細胞には、カルシウムが沈着しているが 原因は全身的なカルシウム不足。 動脈硬化や心筋梗塞はカルシウムが動脈内壁に沈着しておきるが、原 因は全身的なカルシウム不足。 カルシウムが不足すると、血小板が固まりにくくなり、出血したときに血 がなかなか止まらない。 カルシウムは腸内の脂肪を吸着して捨てる一方、情緒を安定させて異 常な食欲を抑えるので、肥満防止に役立つ。不足すればその逆になる。 カルシウムが不足すると免疫力が低下するので、病気にかかりやすい。 カルシウムは酒やタバコの害を防ぐ。 カルシウムは細胞を活性化するので、肝臓病を予防し、腎臓機能の低 下を防ぎ、結果として老化を遅らせる。強壮、強精にも役立つ。 白内障、女性の更年期障害もカルシウムが深く関係している。 肩凝り、頭痛もカルシウム不足によって起こることがある。 カルシウムを十分とることが胃ガンの予防になる。不足すると胃ガンにな りやすい。 カルシウムは、尿酸が過剰になって酸化傾向を強めた血液を弱アルカリ 性に戻し、痛風の痛みを消す。 上記の多くは、近年の研究で明らかにされたものですから、 知らずにいたとしても止むを得ないことですが、 健康のためには、 もう一歩も二歩もカルシウムについての認識を 深めるべき時に来ています。 あらゆる病気はカルシウム不足と関係 高齢化社会を迎えた今日において、 カルシウムは、とくに重要でありましょう。 成人病ばかりではなく、あらゆる病気は、 細胞内のカルシウムバランスの異常によって 起きることも判ってきたいます。 http://www.gincha.com/gin/0.html

0 件のコメント:

コメントを投稿